カードローンのイメージ

最近はカードローンの認識もひと昔前と比べて大分違ってきたような気がします。

ひと昔前までは、「消費者金融」というと、「ヤミ金」や「サラ金」という暗いイメージが有り、消費者金融からお金を借りるのはよっぽど切羽詰ってしまったときに人目を忍んでこっそりと出入りする・・・そのようなイメージが強かったような気がします。

そして、「消費者金融」とは言わず、「サラ金」と言っていました。

人から「あの人サラ金に借金があるらしいよ」と聞くとなんだかとても悪いイメージが湧いたものでした。

しかし、現在は幅広い年代の人が利用していると思います。

テレビのコマーシャルなどでもばんばん放映されていますし、街にはあちこちに消費者金融の看板が掲げられています。

そういう風潮からか、最近は「カードローンでお金を借りている」と聞いてもあまり悪いイメージは湧きません。

特に若者はこのカードローンを快適に利用しているようです。

これも時代の流れでしょうか。

前の記事